読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

考えること

最近考えることが多い。

嘘ばっかりついていると本物が見抜けなくなる。

自分の人生に責任を持つということは、自分のせいだと受け入れることである。

人のせいにしているうちは、自分の人生に向き合っていないのと同じこと。

反省は自分を省みること。それは大いにしたほうがいい。
でも自分を責めることはいらない。


嘘と本当、良い悪い、本音と建前などの2元性の時代が終わり、
「ただある一つのもの」として存在する時代。本物の時代になる。

本音ではないということがどれだけ人に迷惑をかけることか。


それぞれが本物で存在する時代になる。


一人の自分として自立すること。それは孤独なんかではなく、新たなワンネストしてのあり方である。
そして自立したもの同士が調和ととも互いに存在する。