読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おはようございます

今日の天気は暖かく風がひんやり、つまり肌頃が良いというか、

空気も乾いてきて過ごしやすく良い日である。


毛におおわれた自分の体はこんな陽気が一番なのである。


「相変わらず良い子ねえ」

大きく開けた口からあくびをし、

頭のブチの部分をペロペロしてくれている。



ひめこのお腹に顔をうずめながら、モミモミする。

自然とゴロゴロ大きくのどが鳴る。


「もうそろそろやめてくれないかしら?」

ひめこがちょっと体を避けたが今更やめられない。


「シャー!」

とうとう頭を叩かれた。

「チェっ」

肉球をペロペロしながら背中を向けた。


「あんた、いつまでも甘えん坊なんだから。」


ふん、良いじゃないか。だって好きなんだもん。

お互い背中を向けながら、でもくっつけながら丸くなる。